創業に関する基礎知識

創業基礎|マーケットインとプロダクトアウトとは?

創業、起業や新規事業を考える際に、顧客に支持をしてもらう事業・サービスを開発し、販売・契約につなげることは基本中の基本です。
基本ではありますが、どのような考えをベースに顧客に支持してもらえる事業やサービスであるかを判断すればいいのでしょうか。この記事では顧客のニーズに合わせるマーケットインと、自身のアイデアを優先するプロダクトアウトについて解説します。
自身の考えを客観的に判断する基礎情報として参考にしてください。

 

マーケットインとは

一般的にマーケットインは、顧客の意見・ニーズに合わせて製品開発を行うことを指します。自分が売りたいものを作るのではなく、顧客が求めているもの、顧客の満足度を高められるかを基軸に製品開発を行う考え方です。

プロダクトアウトとは

一般的にプロダクトアウトは、自身、自社の方針や作りたいもの、作れるものを基準に商品開発を行うことを指します。商品やサービスを作ってから、その後にどのように販売していくかを考えます。

 

マーケットインの方がリスクは低い

マーケットインは顧客のニーズに自分・自社が合わせる、プロダクトアウトは自分が作れるもの、作りたいものを顧客に提供する考え方なので、客観的にはマーケットインの方がリスクが少ないといえますし、この考え方が主流になっている傾向があります。

 

プロダクトアウトは間違いなのか?

プロダクトアウトは絶対にやってはいけないのか、というと必ずしもそうとはいえません。例えば、Apple社は次々に市場には存在しない新しい価値を持った製品を開発して成功を収めています。今では一般的になった中古車の売買を行う「ガリバー」やweb上で個人間売買を行う「メルカリ」なども当時はプロダクトアウトで生まれたといってもいいでしょう。

 

どっちの考えを基に考えるべきなのか

どちらの考えを基に製品やサービスを開発するべきなのかは、自身、自社の技量や資産、マーケティングの知見などによって判断するのがいいのではないでしょうか。
マーケットイン    =顕在化されている市場のニーズの具現化
プロダクトアウト =潜在的な市場のニーズの具現化
ととらえることもできます。

すでに製品化・商品化されているが地元・自商圏には提供しているところがないので顧客は欲している。仕入れや製造して提供するのはマーケットイン。
時代の変化の先読み、既存の市場には存在しないものを開発・提供する能力を有している。マーケティング活動から潜在的なニーズを予想できる。開発後に、その価値に顧客が共感するものを提供するのはプロダクトアウト。

それぞれに課題も存在します。
マーケットインはニーズが顕在化しているので失敗は少ないが、他にも同様の考えをもつ競合が存在することが多く、その他大勢になりやすい。
競合や同業みんなが同じことをやっている状態をコモディティといいます。コモディティは差別化要因や、特徴が表現しにくく、顧客・ユーザーからはどこで買っても同じ、どこで利用しても同じになり、リピーターとして定着しにくく、飽和状態のため、飽きられてしまうことも多々あります。

プロダクトアウトは、開発・販売後に確実に顧客に理解してもらえる保証はないし、広告などを活用して認知を広めていく必要がある。


気をつけるべき点

 

「自分・自社が現状できる範囲で開発もの」=「顧客が必要とするもの」ではないということです。
例えば、修行経験が無い状態で、ラーメンを自作するとします。素人の作るものとしては美味しいと評価されていたとしても、百戦錬磨、激戦市場で戦っているラーメンと同じ価格で販売する際にどちらを顧客は評価するか。答えは明白です。
この場合は一見マーケットインのようで、実際は自己満足になってしまいます。

ニーズを定性的・定量的に分析し、的確に、または期待以上のものを提供できたときに感動が生まれ、顧客はその製品やサービスを購入します。

製品やサービスを開発する際は、自分の考えだけではなく、マーケティング活動も行い、市場や顧客のニーズや必要としている価値を分析することを心がけましょう。

 

須賀川まちなか出店サポートセンター

須賀川市まちなか出店サポートセンターでは
須賀川市の中心市街地の出店に関するご相談・新規出店後のサポートいたします。

・空き物件のご紹介
・補助金や助成金の担当窓口へのご紹介
・創業セミナーのご案内
・中小企業診断士による出店後のサポート
その他、中心市街地への出店に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

〒962-0845
須賀川市中町17-8(こぷろ須賀川内)
TEL : 0248-94-6590
web : http://sogyoshien.jp/

PAGE TOP