創業に関する基礎知識

効果のある求人票の作り方

起業をする際や事業を開始し忙しくなってくると、人材獲得のために求人活動を考えます。求人活動をする際に必要になるのが求人票です。
求人票作成には、法律で明示する項目が定められていたり、他社に負けずに良い人材を獲得するための工夫など、考えるべき複数のポイントがあります。今回は、初めて求人票を作る起業家に向けて、求人票の概要と、魅力的な書き方のポイントを解説します。

法律により明示が決められている項目

求人票は通常、ハローワークに提出する書類をさします。ハローワークは求職者に対して各事業所から提出された求人票をもとにマッチングを行います。

求人票は職業安定法により、以下の9項目を明示することが定められています。

  • 労働者が従事する業務内容
  • 契約期間
  • 試用期間
  • 就業場所
  • 始業及び就業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間及び休日
  • 賃金の額
  • 健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険など加入保険に関する情報
  • 募集者の氏名または名称
  • 雇用形態(派遣労働として雇用する場合)

 

記載してはいけない項目

求人票には、記載が認められない項目・表現もあるので注意しましょう。

  • 性別を限定するような表現
  • 年齢を限定するような表現(一部、例外あり)
  • 最低賃金以下の給与
  • 紛らわしい表現

 

求職者の目に留まるポイント

求職者優位と言われている現状、数ある募集の中から自社の求人票を見てもらう為には自社の魅力や業務内容をしっかりと伝え、興味を持ってもらう必要があります。
伝えるべきポイントには「定量情報」と「定性情報」があります。

定量情報で伝えるべきポイント

定量情報とは数字で示す情報になります。

  • 賃金
  • 年間休日数
  • 残業時間
  • 労働時間
  • 休憩時間 など

同地域・同規模の同業他社と比べてどちらが労働条件が良さそうか比較されます。自社の都合だけでなく、競合しそうな企業の情報もしっかりと確認し条件を決定することが必要となります。
また賃金や残業時間の計算方法がわかりにくいなどは、敬遠される要因になりますので、明確に記載する様にしましょう。

 

定性情報で自社の魅力をアピール

求職者は、求人票の少ない情報からその会社が自分にとって働きやすいかどうか、働く価値があるか判断します。最近の傾向では楽しく働けるかも重要なポイントになっていますので、記入箇所を有効に活用し、しっかりとPRを行います。

1、未経験者にとっても業務内容がわかる様に書く

広告の営業職を例にとって記載してみます。

悪い例
業務内容
タウン誌の広告の営業

良い例
業務内容
美容室や飲食店、雑貨屋さんなどを訪問してタウン誌に広告の掲載をお願いする営業のお仕事です。お店の方と一緒に企画を考えたり、効果の出る広告デザインを考えたりするクリエイティブな側面もあります。受注の大半は継続案件と、webで問い合わせがあった企業や店舗様への訪問ですので、新規飛び込みは月に2日程度です。最初は先輩経験者と同伴しながら仕事の内容を覚えてもらい、半年後を目処に1人でお店を回れる様に教育をサポートしたします。
営業ノルマなどはありません。

2、会社の社風をしっかり書く

会社説明を記載する欄を効果的に使ってしっかりと社風を伝える様にしましょう。漠然と記入するのではなく、求職者が雰囲気をイメージできる様に具体的に書くことを意識します。

悪い例
社員の仲が良いです。

 

良い例
社員は子育て世代のメンバーが多く、休憩時間は育児の話や親子でいけるお出かけスポットの情報交換などで盛り上がります。最近は社内でアウトドアやキャンプがブームで休日明けは写真を見せ合ったりしています。

3、成長過程が見える様に

自社がどの様な人材を求めているかを記し、求職者の求めるスキルアップや、やりがいを感じられると思ってもらうことも重要です。
1年目は具体的にこんな業務スキルを、3年目にはマネジメントを学び教育を経験、5年目にはチームを率いて新規プロジェクトの責任者に・・ など、成長過程や数年先のイメージを浮かべやすい内容を記載することを意識します。

退職した理由から考える

求職者は新卒採用以外は中途採用になります。中途採用=何らかの理由で前職を辞めた人 となります。仕事のやりがいだったり、人間関係など退職を決断するに至った理由があります。その理由を知り、文化形成や、賃金、キャリアアッププランを自社に取り入れることで、求職者にとって魅力的な企業になり得る可能性はあります。

 

まとめ

求人票を記載する上でのポイントを紹介いたしました。

現在(2019年7月)須賀川市の有効求人倍率は1.19となっていて、求職者優位の状況です。
求職者目線に立ち、どの様な情報を知りたいのかポイントをまとめ、選ばれる求人票を作成しましょう。

 

須賀川市中心市街地での創業のご相談をお受けいたします

須賀川市中心市街地での創業に関するご相談は、「須賀川まちなか出店サポートセンター」または「須賀川市役所 商工労政課」までお問い合わせください。須賀川まちなか出店サポートセンター・須賀川市役所・須賀川商工会議所・金融機関・各種専門家の連携の元に須賀川市のまちなかでの創業をサポート致します。

須賀川市まちなか出店サポートセンター
TEL : 0248-94-6590
web : http://sogyoshien.jp/lp/index.html

須賀川市 経済環境部商工課
TEL : 0248-88-9141

 

 

 

PAGE TOP