創業に関する基礎知識

シェアリングエコノミーを使った副業からの起業

数年前まで、起業といえば事務所や作業場などを賃貸や建築し、構えて始める形がほとんどでしたが、現在はインターネットの普及や様々な働き方が認められはじめ、起業の形は多様になってきています。今回は新しい起業、働き方の1つとして、シェアリングエコノミーを解説いたします。

シェアリングエコノミーとは

シェアリングエコノミーについてデジタル大辞林では以下のように解説しています。

物・サービス・場所などを、多くの人と共有・交換して利用する社会的な仕組み。共有型経済。

数年前までは、事務所を自分、自社以外の人、企業と共有する考えは稀でしたし、基本サービスは自社内で開発することがほとんどでした。
しかし現在では、オフィスをはじめとする場所、車などの物、サービス、人に至るまでシェアする環境に変わりつつあります。

代表的なシェアリングサービス

Uber(ウーバー)

Uberの特徴としては、一般的なタクシーの配車に加え、一般人が自分の空き時間と自家用車を使って他人を運ぶ仕組みを構築している点です。Uber側は自前で車両や運転手を抱える必要がなく、設備投資や雇用コストを抑えることができます。運転手として申し込む側は、自家用車を利用することで、追加投資をすることなく、自分と自分の空き時間を活用し副業を開始することができます。
郡山市でも、配車サービスのみ実施しています。
Uber : https://www.uber.com/jp/ja/

 

Uber Eats(ウーバー イーツ)

Uberが運営する出前代行サービス。飲食店の商品を一般人が消費者の元へ出前をすることで手数料収入を得られるサービスです。配車サービスと同じように飲食店側は車両や雇用コストを抑えながら、販売チャネルを増やすことができ、運転手として申し込む側は、自家用車や自転車などを利用することで、追加投資をすることなく、自分と自分の空き時間を活用し副業を開始し、副収入を得ることができます。
Uber Eats : https://www.ubereats.com/ja-JP/

 

Air bnb(エアビーアンドビー)

自宅の1室を宿泊場所として提供するサービスです。日本では民泊と呼ばれます。ホテルが不足している地域や、格安で宿泊したいニーズと自室が空いている家主とをマッチングしサービスを提供します。日本では、ホテル業界や保健所、建築法などの問題により、自由に行うことはできませんが、民泊新法や特区など条件が緩和されている地域もあります。
airbnb : https://www.airbnb.jp/

現在のシェアリングエコノミーの領域

現在あらゆるジャンル、領域のシェアリングサービスが誕生しています。大きく分けると「スキル」「空間」「物」「移動」「お金」の領域に分けることができます。

スキル系

家事代行・デザインなどの専門知識・悩み相談・電話受付など

空間系

民泊・店舗・空きスペース・駐車場・農地など

物系

洋服・家具・カメラ・画像・映像・育児用品など

移動系

カーシェアリング・自転車・相乗りなど

お金系

クラウドファンディング・融資など

副業をしている人の割合

大手企業でも副業を認めるところもも出てきている近年、副業を行なっている人の割合はどの程度なのでしょうか?「パーソル総合研究所・副業実態・意識調査結果」を元に解説いたします。

副業率・正社員の10.9%

調査対象の内・正社員として就業している人の副業の割合は10.9%。約1割が現在副業を行なっているとの結果です。過去に副業経験があるを含めると20.8%と約2割の人が副業を経験していることとなります。

 

正社員の41.0%が副業意欲を持つ

副業をやる意欲があるかとの問いには41%の人があると答えるなど半数近い人が副業に関心を示していることが見受けられます。

副業の平均所得

副業においての平均所得はどの程度なのでしょうか。厚生労働省の行う毎月勤労統計調査2018年11月確報によると。一般労働者(常用労働者のうちパートタイム労働者除く)の所定外労働(副業など)の平均時給を算出したところ、時給は1906円と算出されています。パーソルにおいての調査によると副業による平均月収は6.82万円で時給に換算すると1,652円と算出されます。

シェアリングサービスやシェアを使った副業

上記に代表されるようなシェアリングサービス以外にもシェア店舗やシェアオフィスを活用した副業や、終業後や週末を活用した副業など働き方は様々あります。元々専門的なスキルを有している場合を除き、副業で大きな収入を得るのは簡単ではありませんが、副業としてスタートさせ、軌道に乗る可能性を感じられたら起業を考えてみるケースなどもあります。
いきなりの起業は難しいと思う場合、副業などから初めてみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

須賀川市中心市街地での創業のご相談をお受けいたします

須賀川市中心市街地での創業に関するご相談は、「須賀川まちなか出店サポートセンター」または「須賀川市役所 商工労政課」までお問い合わせください。須賀川まちなか出店サポートセンター・須賀川市役所・須賀川商工会議所・金融機関・各種専門家の連携の元に須賀川市のまちなかでの創業をサポート致します。

須賀川市まちなか出店サポートセンター
TEL : 0248-94-6590
web : http://sogyoshien.jp/lp/index.html

須賀川市 経済環境部 商工課
TEL : 0248-88-9141

 

 

 

PAGE TOP