創業に関する基礎知識

創業資金の借入は銀行と金融公庫のどちらがいいのか?

創業時に必要な資金には開設にかかる開業資金。事業を運営することにかかる運転資金があります。個人の資産で不足が予測される場合、創業資金の借入を検討します。借入を検討する際に銀行と日本政策金融公庫が候補になることが多いのではないでしょうか。ではこの両社の違いは何があるのでしょうか。組織の構造や事業目的などを解説していきます。

日本政策金融公庫とは

目的と事業概要

ここでは日本生活金融公庫の目的と事業概要を解説します。

目的

一般の金融機関が行う金融を補完することを旨とし、国民一般、中小企業者及び農林水産業者の資金調達を支援するための金融の機能を担うとともに、内外の金融秩序の混乱又は大規模な災害、テロリズム若しくは感染症等による被害に対処するために必要な金融を行うほか、当該必要な金融が銀行その他の金融機関により迅速かつ円滑に行われることを可能とし、もって国民生活の向上に寄与することを目的として業務を行っています。

引用:日本政策金融公庫

事業概要

日本公庫(日本政策金融公庫の通称)は、一般の金融機関が行う金融を補完することを旨としつつ、国民生活事業、農林水産事業、中小企業事業、危機対応等円滑化業務を行うことにより国民生活の向上に寄与する事業を行なっています。

組織概要

日本公庫は国が100%出資する株式会社です。株主は財務大臣、経済産業大臣、農林水産大臣、厚生労働大臣になります。

銀行とは

目的と事業概要

ここでは銀行の目的と事業概要を解説します。

目的

現代の金融機構の中枢的組織で,遊休資金を預金として集積し,これを貸付資本に転化し,さらに信用創造を行う。

 

事業概要

資金を調達する受信業務とこれを運用する授信業務とに大別。前者は預金の受入れが中心で,後者は手形貸付け,手形割引,当座貸越し,コール・ローン,有価証券投資,手形引受けなど。為替業務は両者の性格を併せもつ。

引用:百科事典マイペディア

組織概要

銀行は株式会社として運営されてる営利が目的の事業団体です。企業や個人が株主となり利益が出た際には配当金が分配されます。また株主になることで株主優待などを利用することもできます。
>東邦銀行の株主構成

 

日本政策金融公庫と銀行の違い

事業目的や組織の構成の違いからもわかるように、日本政策金融公庫は政府系の金融機関で、国民の生活向上の為に融資を行う団体であり、銀行は収益事業としての手段としてお金の預かりや融資を行う組織ということがわかります。

 

創業資金を借りるなら日本政策金融公庫と銀行どちらがいい?

両者の融資を検討する上で、知っておきたいことに制度融資があります。

制度融資とは

制度融資とは、都道府県や市町村などの地方自治体が、信用保証協会と指定金融機関との仕組みの中で、中小企業向けの資金調達を支援する制度です。

一般企業である銀行は、融資した後の回収不能になるリスクのある融資に関しては前向きに検討できない状況にあります。それは銀行が一般企業である以上当然のことです。
その上で、銀行が融資を検討できる補助制度として制度融資があります。

信用保証協会とは

その融資制度を取りなす信用保証協会とは、中小企業者が事業資金を銀行から借り入れる際に、信用力・担保力が不足していることから必要な資金の借り入れが困難な場合において、銀行と企業の間に入り、返済が困難な際には返済を肩代わりするなどする保証会社です。信用保証協会は特殊法人であり国の資金によって運営されています。中小事業者は保証してもらう対価として、銀行への返済以外に保証協会への保証料を支払うこととなります。
その保証料については自治体によっては補助制度を適用し、創業の支援としていることもあります。
須賀川市においてもスタートアップ資金融資中心市街地リノベーション融資制度として補助制度を導入しています。

 

 

銀行の融資と日本政策金融公庫の融資の違い

銀行と日本公庫の融資の違いは前出の保証協会の保証の有無です。日本公庫は保証協会の保証を求められることはありません。審査は日本公庫単独ということになります。 

一方の銀行は基本的に中小企業向け融資には、保証協会の保証を求めるます。それにより、融資の審査も銀行と保証協会の二者が行います。

金利の違い

金利については条件によって上下します。借入の額や担保の状況などです。
日本公庫においての無担保・無保証の場合は銀行の利率より高くなることもあります。しかし銀行からの融資の場合は保証協会への保証料も支払わなくてはならない為に金利以外の支払いが必要となります。

 

創業資金の借入は銀行と金融公庫のどちらがいいのか?

銀行、日本政策金融公庫それぞれにメリットがあります。年度によっての補助制度や金利の引き下げ制度がありますので、それらを把握して、状況に応じて借入先を決めるのがいいでしょう。

日本政策金融公庫借入のメリット

・政府系の組織なので、予算が潤沢。貸し出しできる金額も大きい。
・審査のスピードが早い。
・様々な金利引き下げ制度がある。
 例)女性、若年、シニア起業家資金 雇用維持または拡大 など
・無担保・無保証

銀行のメリット借入のメリット

・制度融資が使える
・金利が低い
・市の優遇制度が使える。

 

まとめ

国や自治体の政策によって、日本政策金融公庫や自治体の補助、優遇制度は変わります。こまめに情報を取ることを意識して少しでも条件のいい借入を行えるように意識することが必要です。返済や利息は固定支出になりますので、少しでも軽い方が事業の運営にはプラスになります。

 

 

須賀川市中心市街地での創業のご相談をお受けいたします

須賀川市中心市街地での創業に関するご相談は、「須賀川まちなか出店サポートセンター」または「須賀川市役所 商工労政課」までお問い合わせください。須賀川まちなか出店サポートセンター・須賀川市役所・須賀川商工会議所・金融機関・各種専門家の連携の元に須賀川市のまちなかでの創業をサポート致します。

須賀川市まちなか出店サポートセンター
TEL : 0248-94-6590
web : http://sogyoshien.jp/lp/index.html

須賀川市 経済環境部商工課
TEL : 0248-88-9141

 

 

 

PAGE TOP