創業に関する基礎知識

ベンチャー企業とは?定義と中小企業との違い

新聞やテレビ、雑誌などのメディアを通しベンチャー企業という言葉を耳にする機会があります。新たに創業する企業は全てベンチャー企業なのでしょうか?中小企業との違いやベンチャー企業の定義について解説いたします。

ベンチャー企業とは

ベンチャー起業についてコトバンク・デジタル大辞林では以下のように解説しています。

ventureは「冒険的な企て」の意》新技術・新事業を開発し、事業として発足させた中小企業。

企てとは計画や目論見を意味しますので、新技術や現状存在していないサービスを事業化することを目的とし起業した中小企業を「ベンチャー企業」と定義することができます。

ベンチャー企業とスタートアップの違い

ベンチャー企業という単語は和製英語なので世界的には通じません。語源として考えられるベンチャービジネスという言葉は、元法政大学総長で日本ベンチャー学会特別顧問の清成忠男らによって概念が創りだされました。
ベンチャー企業と同意の世界的な共通語はスタートアップになります。

スタートアップとは

スタートアップとは現状存在しない新たなサービスを生み出すことを目的として起業すること、その実現に向けて現状開拓段階にある企業をさします。創業年から3年くらいをさすことが多く、アメリカのシリコンバレーで生まれた言葉とされておりIT系の企業を対象とすることが多い傾向にあります。


スタートアップの概念

スタートアップに共通する概念としては現状存在しないサービスや価値を新たに想像することを目的としており、既存のサービスや事業活動を目的とし新規に創業した場合はスタートアップにあてはまらないこととなります。


スタートアップと資金調達

スタートアップは新たな価値を生み出すことに主軸を置いているため、その成長性やビジョンに対しサポートする支援者も存在しそのことで加速度的に成長するケースがあります。その支援者はエンジェル投資家・ベンチャーキャピタルなどが該当します。


エンジェル投資家とベンチャーキャピタルの違い

両者共にスタートアップを支援するものでありますがその違いは何でしょうか。

エンジェル投資家とは

エンジェル投資家とは個人的に投資を行うものであり、個人資産の範囲の中でスタートアップなどに支援を行います。投資対効果に求めるものは一概には言い切れませんが、起業家の成長に寄与することを目的としているケースが多い場合があります。

ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルは個人としての起業家支援ではなく、企業の事業として起業家、創業企業に対して投資対効果(株式やシナジー)を求めることを前提に支援する体制をさします。

ステージとは

ベンチャー企業、スタートアップにはステージといった概念が存在します。ステージとはベンチャー、スタートアップの成長過程を表す表現です。ステージおいて資金調達先や難易度も変わってきます。

第1段階/シード期

種・シードを表現し、まさに事業のタネを蒔いたステージを表しています。コンセプトや思い・ビジネスモデルはイメージしているが具体的なプロダクトアウトやサービスに表現できていない準備段階にあたります。

第2段階/スタートアップ期

会社設立から5年程度の時期をさします。この時期はコンセプトやビジネスモデルを具現化していく時期になります。収支的にはマイナスでも革新的な事業・サービスを具現化・スケールさせるために追加の出資や資金調達が必要な時期であることがあります。

第3段階/エクスパンションステージA期

サービスや製品が具現化され事業展開を改めて考察する時期です。事業をスケールさせるための優秀な人材の確保やさらなるサービスや製品の開発にも挑戦する時期になります。成長の先に株式上場(IPO)の意識がある場合などはエンジェル投資家やベンチャーキャピタルの協力も仰ぐ時期になります。

グロース・ステージB期

事業が安定し、さらなる成長を求める時期です。採用やオフィスの拡張・設備投資が必要となり、金融機関からの融資、エンジェルやベンチャーキャピタルからの支援に加えスットクオプションを活用する場合もあります。
ストックオプションとは従業員に対し、自社株を一定の安い金額で購入する権利を与えることをいいます。成長期にあるため、従業員が自社株を購入した金額よりも高確率で評価が高まることが期待でき、企業側としても資金を獲得できる双方にとってメリットのある仕組みとなります。

レイター・ステージC期

このステージでは事業も安定し成長の確度も高まっているため資金調達に置いても比較的容易になってきます。金融機関からのいい条件での借り入れや株式上場など自社における優位性を考慮することができます。

中小企業とベンチャー企業の違い

ベンチャー企業の概要を解説いたしました。ここからは中小企業とベンチャー企業の違いをみていきます。

中小企業の定義

中小企業については中小企業基本法にて定義されています。

製造業その他

資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人

卸売業

資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

小売業

資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人

サービス業

資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

創業から数年が経過していても上記の規模の範囲で事業を行なっている場合は中小企業に該当します。つまり中小企業とは事業規模で定義することがわかります。

ビジネスモデルの違い

基本的に中小企業が取り組むビジネスモデルは既存のもので多少企業のカラーはあったとしても新たに生み出されたものではありません。製造業・飲食業・小売業などいずれかのジャンルに該当します。
それに対しベンチャー企業のビジネスモデル・起業の目的は現在存在しない革新的なサービスを生み出すことにあります。0→1と呼ばれるものです。スモールスタートであることが多いですが、企業規模が大きくても現存しない新たなサービスを生み出すための起業であればベンチャー企業と言えます。

まとめ

これから行う創業の目的が現存していない革新的なビジネスモデルの創造であれば、ベンチャー企業と自ら名乗ってもいいでしょう。しかしベンチャー企業だけに該当する法律や保険はないので、起業すればどちらであれど社会保険、年金には加入しなければなりません。ベンチャー企業とは新しいビジネスモデルを創造することを目的とした企業であることの宣言として理解するといいでしょう。

引用元:コトバンク・デジタル大辞林

 

 

須賀川市中心市街地での創業のご相談をお受けいたします

須賀川市中心市街地での創業に関するご相談は、「須賀川まちなか出店サポートセンター」または「須賀川市役所 商工労政課」までお問い合わせください。須賀川まちなか出店サポートセンター・須賀川市役所・須賀川商工会議所・金融機関・各種専門家の連携の元に須賀川市のまちなかでの創業をサポート致します。

須賀川市まちなか出店サポートセンター
TEL : 0248-94-6590
web : http://sogyoshien.jp/lp/index.html

須賀川市 経済環境部 商工課
TEL : 0248-88-9141

 

 

 

PAGE TOP