先輩創業者の声

先輩創業者の声

ブリキのかえる 関根由美さん

tetteのチャレンジショップに出店している「ブリキのかえる」郊外での活動と並行して町中でギャザリング(寄せ植え)を中心に展開しています。今となっては寄せ植えやギャザリングという言葉を見聞きするようになりましたが、その始まりは、植物の苗の価格の低下の問題に対する対策だったとのこと。主婦でありながら新規に出店をされた関根さんに経緯や現状の思いなどを聞きました。
創業者情報
企業名:ブリキのかえる
代 表:関根由美
業 種:小売業
設立年:2016年 / 2019年チャレンジショップに出店 
所在地:中町(tette内)

 

ブリキのかえる について簡単にご説明いただけますか

関根ーブリキのかえるついてモデルケースがなくて、説明するのが自分でも難しいんですが、基本的にはギャザリング、寄せ植えとフラワーアレンジメントなどを中心に展開しています。

ギャザリングは最近、注目されている分野ですね

関根ー最近は雑誌などにも取り上げられるようになってギャザリングという言葉が定着してきていますが、私が勉強を始めた頃は明確に定義などはなくて、勉強先の先生がその当時の園芸界の状況に危機感を覚えて、改善するために考案したものなんです。園芸の業界も他と同じくデフレの中にあって、とにかく安く売る流れになってしまって、生産元がその煽りを受け苦しい時代が続いていました。先生は、いい苗を育ててもらい、沢山使うことができれば消費や流通量が増え、生産元の状況の改善に繋がると考えギャザリング、寄せ植えを考え出しました。20年くらい前のことだと聞いています。
その先生の元で考え方やギャザリングの技術を1年ほど学んできました。

当初事業を設立されてからtetteでの出店までは数年ありますがその間の展開を聞かせていただけますか

関根ー当初は生産のお手伝いや自宅を使ってのレッスンなどを行なっていました。その後はロジマへの出店や知り合いの店舗と合同でイベントの開催もしています。企業様で植物のレンタルなども行なっていて定期的に入れ替え業務などもしていました。他には小売店様などに商品を置かせてもらい販売なども展開しました。いろいろなことを経験させてもらい、少しずつ方向性を定めつつ現在に至る感じです。

須賀川のまちなかに出店しようと思ったのはなぜでしょうか

関根ー創業するにあたり目標としていたのは、3年でしっかりと利益を出して、子供達にこれから必要となってくる支出をカバーしていくことでした。商売をやる以上は利益を出さないと意味がないと思っていますのでそこにはこだわっています。3年目には自宅以外の拠点を持つことを考えていて、当初は郡山なども候補にあったんですが、その時にtetteでのチャレンジショップの話を聞いて、練習ではないですけど一旦、小さく初めてみるのもいいかなと思って、申し込んだのがきっかけです。その際に入所すると経営指導を行なってもらえるというのも魅力的でした。


出店するにあたって支援やサポートは受けましたか

関根ーいくつか情報は調べてみたんですが、開始時間の兼ね合いなどで参加が難しくてサポートを受けることはできませんでした。夕方開始などは主婦には難しいですね。

 

出店前や出店時は何か苦労した点などありましたか

関根ーこれまで一般企業の事務などの仕事をしたこともあったので与えられた仕事をこなすことはできていたんですが、自分で考えて生み出すところは今でも苦労するところです。
また出店する前のタイミングでの店舗の間取りや構成などの情報が少なかったので在庫の量や動線などが確認できなかったことや、建物の採光、室温、湿度など植物に対しての環境を把握できなかったので、出店後に多少問題が発生しました。まだ出店後1年は経過していないので、植物の生態系との調整はまだ必要な部分もあるかと思います。当初は生花やアレンジメントの販売も計画していたんですが、環境的に断念しました。集合施設の中では難しいこともわかり勉強になりました。

出店後の業績などはいかがですか

関根ー以前は自宅兼アトリエだったので、お客様に迷惑をかけることもありましたし、店舗情報や休業日のアナウンスなど難しい部分もあったんですが、tetteに出店したことで既存のお客様が来店しやすくなったと喜んでくれました。またご紹介いただく際にもわかりやすいと言っていただくこともあります。
業績に関してはtetteの集客の影響を受ける部分がありますので、個店としてのPRを行い集客していく必要性も感じています。tetteのテラスルームを利用したワークショップを開催させてもらったりもしましたがとても好評でした。参加できなかったお客様からも再度の開催を要望されたりしますので、引き続き集客の施策を考えていきます。

須賀川で創業して良かったと感じていますか

関根ー他のエリアでも販売などをしていますが、人が多いエリアだからと言って売れるわけではないということもわかってきました。その地域の住民性や嗜好の影響も関係しているのかなと。須賀川市は真面目に頑張っているお店はみんなで応援してくれる地域だとお客様と接していてとても感じます。お客様に色々とお声がけ、ご指導をいただいて日々勉強になります。

創業を検討している方にアドバイスをお願いいたします

関根ー自分も今チャレンジ中なので、アドバイスというほどのことはできませんが、自分は直感を信じてチャレンジしてきました。主婦という立場を考えれば躊躇しがちなところだとは思いますが、家族も含め真剣にやっていればサポートをしてくれる方は出てきます。深く考えすぎずにチャレンジしてみてもいいかなと思います。

インタビュー後記

まだギャザリングが一般的に認知されていない時期から勉強を始められているなど、先見の明があり、チョークアートやストッキストとの合同のイベントの開催など幅広い活動で地域に彩りを与えている活動のお話を聞くことができました。色々と経験をすることでやりたいことが明確になりつつあるというところはとても参考になると感じました。創業時にきっちりと計画を立てることも必要なことですが、やりながら市場の需要に見合ったサービスを考え提供していくことも1つの形だと思いました。

 

 

企業情報

企業名:ブリキのかえる
住 所:福島県須賀川市中町4-1 tette1F
U R L :https://www.facebook.com/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%81%88%E3%82%8B-1738560353090654/

 

 

PAGE TOP