先輩創業者の声

先輩創業者の声

先輩創業者の声 すかがわ子育てネットワーク TUNAGU 冨森 崇 / 高田 美里 / 廣田 直美さん

須賀川の中心市街地エリア・中町にて、それぞれが別に活動していた3者が「子育て支援」という共通のキーワードを元に「すかがわ子育てネットワーク TUNAGU」を開設した冨森 崇さん、高田美里さん、廣田直美さん、にお話を伺いました。子育て支援への思い、なぜ3人で開設したのか、などそれぞれの強みで相乗効果を生む新しい形の創業のお話をお聞きすることができました。

創業者情報
企業名:すかがわ子育てネットワークTUNAGU(ツナグ)
代 表:冨森 崇
業 種:子育て支援
設立年:2019年 設立
所在地:中町

 

すかがわ子育て支援ネットワーク TUNAGU」についてご説明いただけますでしょうか

冨森ーすかがわ子育て支援ネットワーク TUNAGU は子育てをする上で直面する「悩みや課題」に対して、専門家が「安心、安全」なサポートを行うと共に、子育ての当事者だけでなく、家族や学校、コミュニティという子育てに関わる支援者のスキルアップと子育てネットワークを構築することを目的に活動する組織になります。

現在、すかがわ子育てネットワークTUNAGUではどのような事業を行なっていますか

冨森ーすかがわ子育て支援ネットワークTUNAGUは現在、3つの専門事業とコミュニティスペースの運営を行なっています。TUNAGUは3人の専門家による共同事業会社という形を取っていて、臨床心理士・公認心理師などの資格を持っている自分が「子育て相談、心理カウンセリング」などを「ゆずりは」として運営しています。その他に須賀川市内で幼児向けの算数教室を運営しているマナビノモリの高田さんの「マナビノモリ・TUNAGU教室」、ビジョントレーニングの普及活動などを広域で行なっている廣田さんの「スマイルビジョン」。この3人で育児に関する「相談から課題解決」までを事業ドメインとして活動、運営しています。施設の1階部分は幼児向けの雑貨や知育玩具などの販売やワークショップを開催するコミュニティスペースとして運営を行なっています。

それぞれの事業をご説明いただけますか

【ゆずりは】
冨森ー「ゆずりは」は子育てや育児に関する悩みや不安を 1 人で抱え込まずに 安心して子育ての楽しみや喜びを感じてもらえるようにサポートすることを目 的に子育て相談や発達相談などを行なっています。子育て中に親御さんは子供 の言動に違和感を感じることもあると思います。例えば言葉が遅かったり、落 ち着きがなくじっとしていられない、パニックを起こしてしまうなど。そうい う時になかなか周りに相談できるところがないために、1 人で悩み、抱え込んで しまうことがあります。そういった際に症例、事例を元にカウンセリングやア ドバイスをしたり、心理アセスメントという発達検査や、知能検査、心理検査 を行うことで発達状況や心理状況の確認などを行い、不安の解消につながるサ ポートを行っています。 また親子限定では無く、対人関係や気持ちのコントロールに不安を抱えている 方の心理相談なども幅広くお受けしています。須賀川市での「かかりつけのカ ウンセラー」としてやっていければと思っています。

【マナビノモリ】
高田ー「マナビノモリ」は以前より須賀川市で幼児・小学生向けの算数教室として運営していました。年々少から年齢に合わせたカリキュラムで論理的思考や空間認識力の育成を中心に子供が主体的に学んでいける体験型の知育教室です。 TUNAGUに参加したことで以前から開設していた、あおば教室を小学生、TUNAGU教室を幼児とで年齢や科目によって2箇所で指導するようになりました。TUNAGU教室では学校が長期休暇の際などにも少人数で行う学習支援教室の開催も予定しています。

【スマイルビジョン】
廣田ー「スマイルビジョン」はビジョントレーニングを行う施設です。ビジョントレーニングはまだ聞きなれない言葉だと思いますが、見る力を鍛えることで読み・書きや空間認知力、適応力、思考力などを高めるトレーニングです。最近はスポーツ選手が取り入れていたりメディアで触れられることが多くなりましたが、本を読むのが苦手で内容を理解するのが難しい、文字のバランスが悪い、図形がうまく書けない、黒板を写すのが苦手、運動は嫌いではないけどボールを使った遊びが苦手などの困り感がある場合、見る力が弱い可能性があります。家庭や学校などで正しい理解があれば早期に発見でき、トレーニングなどを行い能力の向上につなげることができますが、理解がない場合は「苦手・不得意・不器用」で括られてしまいます。 そういった子供達の課題に対するカウンセリングや個別指導、学校や子育て支援者に対するセミナー、講習会なども行っています。

 

なぜ須賀川で開設されようと思ったのでしょうか

冨森ー須賀川で開設しようと思ったのにはいくつか理由があります。ビジネスの面からは地域内に同業者がいないという点です。やはり競合がいたり飽和しているところは避けたい思いはありました。それ以外の面では須賀川市のビジョンと自分のビジョンに一致するところを感じたからです。須賀川市は子育て世代に対するサポートやケアが充実していて今後もそこは重視していくということを行政の方達とお話ししている中で強く感じる部分がありました。そういう方向性の中で自分も須賀川に貢献したいという思いが芽生えてきて開設につながりました。

廣田ー私は初めは郡山市での活動を考えていましたが、須賀川市は子育て支援が手厚いことや、郡山で講習を行った際にも参加者の半分以上が須賀川市からお越しいただいていて、須賀川市の親御さんは子育てに熱心だなと感じたことが須賀川市でやりたいという思いにつながりました。

創業するにあたって支援やサポートは受けましたか

冨森ー創業するにあたっていくつかの窓口の訪問や支援サービスを受けました。金融機関で行っている、オンラインの創業支援の相談会や創業塾も受講しました。創業塾は6回受講のカリキュラムの中でどうしても1日だけ仕事の都合で欠席しなくてはいけなくなったことで修了書をもらうことができず、2度も受講したほどです。
創業塾には参加して本当に良かったと思っています。創業塾の会場で、偶然に高田さんと再会することができ、そこでお互いのやりたいこと、考えていることを語り合っているうちにお互いの強みを生かして一緒にやってみようということになり、すかがわ子育て支援ネットワークTUNAGUの発想が生まれ、廣田さんにも参加していただく流れになりました。創業塾に行っていなかったら一緒にやることになっていなかったと思います。

高田ー私も創業塾に参加して良かったと思っています。冨森先生に再会できたのも本当に良かったですし、以前から教室はやっていましたが経営に関しては全くわからない状態だったので、参加して基本から学ぶことができたのは本当に良かったと思っています。

創業塾以外の制度などは活用されましたか

高田ー須賀川市の商工労政課や中町商店街の方々にも親身になって相談になっていただきました。資金面でも不安はありましたが、空き店舗補助などの制度も紹介していただき、活用させていただきました。

設立前や設立時は何か苦労した点などありましたか

冨森ー苦労というか、不安な部分は多々ありました。物件を探すのも苦労しましたし、見つかっても今度は建物の構造が空き店舗補助対象物件に該当するのか、条件である週4日の営業が可能か、など1つ1つの不安、課題を潰していく形でした。

高田ー物件はなんとか見つかりましたが築年数の古い建物だったため、子供達に安心して利用してもらうには改修が必要でした。子供達がリラックス、安心して過ごせるように壁や床の防音、トイレの改修には大きな資金が必要でした。改修に対しても補助が出たのはとても助かりました。

 

開設後の業績や集客は順調ですか

高田ー2階で行っている教室やトレーニングは順調に滑り出し、満席の教室もあるのですが、1階のTUNAGU SHOPの展開や運営について少し悩んでいます。少しずつ来客は増えていますが、3人とも小売や店舗運営の知識はないので、探り探りやっている形です。また店舗を運営するにあたってのスタッフ、人員確保も課題となっています。

冨森ー自分としては開設してから、準備不足だったと思う点がいくつかありました。webサイトなども本来であれば開設前に万全な状態で公開できるようにしておかなければいけないと思うのですが、現時点でも未完成の状態です。我々の事業は専門的で一般的な認知は低い分、料金体系や内容などをわかりやすく開示する必要があると思っているので早く対応したいと思っています。

須賀川で創業して感じる町としの良い点、改善点などはありますか

廣田ー須賀川市の人たちは壁がないというか頑張ろうとしている人にとても協力的だと感じます。受け入れてくれる文化、土壌があって気持ち的にも抵抗感なく仕事を楽しめています。他の地域ではあまりないことだと思います。デメリットというか、他の地域に講習などで行った際に、相手方の理解度によって、「須賀川=行きにくい」と感じている方がいるんだなと感じます。なんで郡山じゃないのか?遠いでしょ?などと言われることがあります。その辺は須賀川市全体で改善していければいいなと思います。

高田ー須賀川市の人たちには夢や目標を持って活動している人が多くとても刺激になります。tetteができたことで活気も出てきて期待値も高いです。公民連携でさらに地域を良くしようという活動も強く、新しい発想を持って事業を展開しやすい町だと思います。

 

須賀川市で創業を検討している方にアドバイスをお願いいたします

冨森ー自分は数年前に一度起業を考えていて準備もしていたのですが、思い留まった経験があります。今振り返ってみると覚悟が足りなかったかなと感じます。今回、起業・開設できたのは創業塾などのコミュニティなどに思い切って飛び込んでみたからだと思います。一度飛び込んでみると、知り合いができたり、親切にフォローしくれる方たちに出会うことができます。飛び込んで自分から進んで話を聞きに行ってみる。そうすることで不安が解消されてきて前進することができると思います。あとは「成るように成る」と割り切ることも重要です!

高田ー人と人が繋がることで大きな相乗効果が生まれます。そうすることで新たな発見、やりたいこと、目指すべきことが見えてくることを経験できました。共同運営というスタイルでスタートした私たちですが、それぞれの個性で支え合い無事に開設することができました。相談相手が身近にいるととても安心するので、創業塾などで同じ境遇の仲間、同志を見つけることもいいと思います。

廣田ー起業や出店はタイミングだなと感じました。チャンスの前髪を掴める準備は常にしていた方がいいと思います!

最後に皆さんから一言お願いいたします

ー経営の知識のない私たちですがそれぞれの個性で支え合い、新しい教育・子育て支援施設を無事に開所することができました。ここからさらに輪を広げて、須賀川市・福島の教育、子育てを豊かなものにしていきます!

 

インタビュー後記

ー同じ志を持った3人が創業塾をきっかけに再会し、強みを合わせ共同運営をすることになった経緯は運命的なものを感じました。地域にとって安心して子育てができるというのは大きな強みになると思います。
保育園などの託児施設や病院などと中心市街地が連携し、子育て中であっても安心して働ける環境が整っていけば平日や日中も滞在人口が増え活気が生まれていくのではないかと、TUNAGUの皆さんの思いを聞かせていただいて感じることができました。子育て、教育から考える町つくりがさらに発展していくことを期待しています。

企業情報

企業名:TUNAGU
住 所:福島県 須賀川市中町50-3セキヤビル
U R L :https://www.s-tunagu.jp/

PAGE TOP