創業に関する基礎知識

第二創業とは|企業が生まれ変わる分岐点

須賀川市などの地方都市においては店舗や事業の継承は親族内で行われる割合が高い傾向にあります。
しかし時代の変化は著しく、創業時とは顧客に求められる状況やニーズが異なっていることもあるでしょう。
そういった中で、継承者は事業転換を図り、第二創業として事業転換を考えることもあります。
この記事では第二創業とは何か、そのメリットやデメリット、第二創業を成功させるポイントなどを解説します。
参考までにご参照ください。

第二創業とは

weblio辞典では第二創業について以下のように解説しています。

既に何らかの事業を行っている事業者がその業態の変更をしたり、新たに別の事業に進出したりすることなどを意味する表現。

事業継承時に限らず、企業や事業者が新たな業態に進出することを第二創業と表現します。

事業継承とは

日本M&Aセンターでは事業継承について以下のように解説しています。

事業承継とは、会社の経営を後継者に引き継ぐことをいいます。
中堅中小企業にとって、オーナー社長の経営手腕が会社の強みや存立基盤そのものになっていることが多く、「誰」を後継者にして事業を引き継ぐのかは重要な経営課題です。
また、事業承継は単に「次の社長を誰にするか(経営承継)」という問題ではなく、会社の経営権そのものの「自社株を誰に引き継ぐか(所有承継)」、「後継者教育をどう行うか(後継者教育)」という問題も重要です。

個人事業においては株式が存在しないため比較的スムーズに進みますが、株式会社においては、株の相続や売買、組織としての継承などの事象も発生します。いずれでも計画的に考慮する必要があります。

第二創業を考える時期 企業の成長段階

企業の成長段階は一般的に以下のように表現されます。
創業者が起業し、事業を立ち上げる「創業期」、企業の売上が上昇し始める「成長期」、売上がピークに達し安定する「成熟期」、需要が低下し売上が落ち込み始める「衰退期」です。
事業継承ではないタイミングでの第二創業は成長が鈍化する「衰退期」に行われることが多いとされています。
また、事業によって差異はありますが、創業者の加齢によっての事業継承の場合、時代やニーズの変化によって結果、衰退期や変化が必要なタイミングであることが多いでしょう。

第二創業のメリット

第二創業には0からの創業に対しいくつかのメリットがあります。

事業基盤が整っている

事業を運営するうえでの土地や建物、顧客や取引先など一定の事業基盤が整っている。新規創業においては0から整備していく必要があります。

信頼の担保

長く事業を行っている事実は、金融機関の融資などにおいてプラスに働きます。負債や返済に問題がなければ、審査においても信用が得られやすいでしょう。地方では信用金庫をはじめとした金融機関との交流などもあり、そういった積み重ねが信用につながります。

第二創業のデメリット

第二創業にはデメリットもあります。

変化への恐怖・抵抗

人はあらゆる事柄において習慣化するのには数ヶ月かかるといわれています。習慣化するまでは努力や忍耐が必要で挫折することがありますが、一旦習慣化、生活のリズムに取り入れると今度は変化を嫌う傾向があるとされています。
経営陣やスタッフ、社員において、長年にわたり活動してきた事業を転換することは大きなストレスになることがあります。反発を生む可能性もあります。しっかりとした事前調整を行う必要があります。

第二創業成功のポイント

第二創業成功のポイントは蓄積した強みの活用です。
事業転換、新たな業態に挑戦するからといっても、これまで積み重ねてきた、知見や資産が0になるわけではありません。
知見では、業界をまたいだ商業のルールやノウハウ、地域のニーズや課題、抑えるべきポイントなど、資産は顧客との関係性・リスト、取引先や金融機関との関係性、従業員やスタッフなど。それらは0からの創業に対し大きな強みになります。その強みを最大限に生かすことで第二創業の成功の確率はあがります。

 

須賀川市中心市街地での創業のご相談をお受けいたします

須賀川市中心市街地での創業に関するご相談は、「須賀川まちなか出店サポートセンター」または「須賀川市役所 商工課」までお問い合わせください。須賀川まちなか出店サポートセンター・須賀川市役所・須賀川商工会議所・金融機関・各種専門家の連携の元に須賀川市のまちなかでの創業をサポート致します。

須賀川市まちなか出店サポートセンター
TEL : 0248-94-6590
web : http://sogyoshien.jp/lp/index.html

須賀川市 経済環境部 商工課
TEL : 0248-88-9141

PAGE TOP