流行るお店と流行らないお店、そのネーミングの違いとは?

開業する際に悩みでも楽しみでもあるものに会社や店舗の屋号、店名を決めることがあります。
名は体を表すという言葉があるように、お店の名前は今後の売上や集客にも影響を与える要素であります。
看板を始め、名刺やカード、袋や包装紙など様々な用途で使用されます。
開業してから後悔しないように名前づけの際に注意するべきポイントを解説していきます。この記事は「phonetic symbolism」(音声象徴)をベースとし、編集部調べの情報を記載していますので科学的根拠はないことを了承の上、ネーミングの際の参考としてお読みください。

顧客ターゲットによって変わる?「流行る店名」の特徴とは?

ネーミングをする際の重要要素は、様々な視点で解析されていて、これが完璧に正解というものは言い切れません。しかし、傾向を学ぶことで見えてくるものがあります。

男性向けのネーミング

来店してほしい客層が男性や男の子向けの場合、「B、D、G」などの有声破裂音が入ったネーミングが良いとされています。
「BBQ」「ドラゴンボール」「ドッジボール」「ガンダム」などです。

女性向けのネーミング

一方の女性向けの場合、破裂音ではない、「L、M、N、R、Z」などの有声音が入るものが有効だと考えられています。
「MERY」「L’OCCITANE」「niko and…」など
またN(ン)が入ると安心感を感じると言われています。
「ロクシタ」「ニコアド・・」など言われてみれば確かに入っていることがわかります。

子供向けには半濁音

子供をターゲットにする場合、半濁音が有効とされています。
半濁音とは「パピプペポ」のことです。
たとえば「アンパンマン」「プリキュア」「ポケモン」などです。
半濁音を使うことで躍動的、ポップな印象を与えることができます。

業態を確実に伝える「ショルダー」の活用

店名で重要な点に、店名を見た際、聞いた際に一瞬で何の業態か理解できることも挙げられます。
その際に有効なのが「ショルダー」と呼ばれる店名の前につける肩書きです。
「ラーメン〇〇」
「ベーカリー〇〇」
「うまい料理と地酒の店〇〇」
「ネイルサロン〇〇」
などです。
ショルダーがつくことで、ユーザーは業態を認識し、来店行動の醸成を促しやすくなります。

ネーミング時の注意点

ネーミングをする際に注意すべき点はいくつかあります。

類似、誤解

既に認知されている他社の名前や誤解を与えるようなネーミングは避けた方がいいでしょう。
「牛丼 吉野家」→「牛丼 吉野」
「afternoon tea」→「afternoon tea room」など
全く同じじゃないから大丈夫と思ってはいけません。場合によっては消費者を悩ませる。誤認識させるとして商標権の侵害で訴えられる場合もあります。

自己満足にならないように

例えばフランス料理店を開業するとして、自分のお気に入りのフランス語の単語などを使用したとして次のような名前をつけたとします。
「poursuivre」こちらは追及・探求するという意味のフランス語ですが、正しく読めますでしょうか?
店名は認知を高める上で重要な要素です。お客様にがお店を気に入ってもらったとしても「美味しいフランス料理のお店を紹介します! ・・・  名前なんだっけ・・」となっては認知が広がりません。 認知を高めたい場合、一定読みやすく、発音しやすいネーミングがいいでしょう。

商標登録とは

店名や商品名など自分が名付けをしたネーミングを商標登録することができます。
商標とは、企業・店舗の運営者、商品の提供者が、提供元を他者と区別するために使用する標識のことです。この店名、この商品名は弊社のものであるということを公的に認めてもらうことができます。注意すべき点は商標は使い始めた企業、店舗に対して認められるものではなく、先に登録した者に認めれれるという点です。
「セロテープ」は登録商標であり、一般名称は「セロハンテープ」
「バンドエイド」も登録商標であり、一般名称は「絆創膏」など、他社は登録商標を使う場合は使用料を支払う必要があり、勝手に使うと訴えられます。
このように独自でその名称を使いたい場合、他社と区別したい場合などには商標登録をすることを検討しましょう。

 

須賀川市では中心市街地への飲食店の開業を応援しています

須賀川市では、中心市街地が活性していくために、飲食店の出店を応援しています。
まちに人を呼び込める魅力的な店舗の誘致、出店支援の観点から、様々な支援策を策定しています。
須賀川市の中心市街地の出店にご興味がある場合には是非、担当窓口へご連絡ください。

須賀川市 経済環境部 商工課 創業支援担当

対応内容
・市の実施する創業支援制度の案内やお申込みの受付
・相談内容に応じ、それぞれの支援機関のご紹介

施設住所
須賀川市八幡町
135番地 須賀川市役所2
電話
0248-88-9142
Mail
shoukou@city.sukagawa.lg.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です